最新情報

2015年8月30日
エロ雑学
ふたなりと男の娘は違うので絶対に間違えないように
ふたなりと男の娘を勘違いしているという人間がさいきんとても多いようで、この点について個人的には修正をしておきた・・・
2015年8月27日
お気に入りのAV談議
アイドルがAV女優に転身する可能性がある
アイドルなどが好きな人は、そのアイドルの情報をネットで探すことが多くなるはずです。その世の時に、アイドルになる・・・
2015年8月12日
お気に入りのAV談議
オナニーと青春の深い関係について
オナニーといえば青春でしょう。少なくとも、男子中学生や男子高校生にとっては、そうだと思います。女子高生とかにつ・・・
2015年8月4日
お気に入りのAV談議
好感のあるアダルト映像を探していく
アダルト関連のサイトをチェックするようになってくると、より質の高い映像を探すようになってきます。その時に思うの・・・
2015年7月24日
私のアブノーマル体験
フェラチオが好きなのにそれを言い出せない私
女子高生です。大学生の彼氏と付き合ってもう半年になります。優しい彼氏で私のことをすごく大事にしてくれるいい人で・・・

ふたなりと男の娘は違うので絶対に間違えないように

ふたなりと男の娘を勘違いしているという人間がさいきんとても多いようで、この点について個人的には修正をしておきたいと考えています。
何故ならふたなりはあくまでも女の子の股間に男性器が映えている状態のものであり、それに対して男の娘というのは最初から男性なわけで、別にチンポがあとから生えたとかそういうわけではないのです。
なので決定的な違いとしては、ふたなりというのはあくまでも嫌がりつつも、ちんぽの魅力に気づいていくというもので、逆に男の娘というのはちんぽを最初から持っていて、女の子みたいな生き方をしているということになります。
悲壮感が全く違うので、性癖的にもまったく別のものになりがちだと思います。
ちなみにふたなりというのは凌辱される確率がとても高くて、一番多いのは触手でのプレイとなっていて、やはりちんぽをはやされてしまって最初はかなり抵抗しているのに、いつの間にかちんぽの気持ちよさに抗えなくなっているというパターンがとても多いのです。
このようなシチュエーションは男性の憧れで、自分は触手になってしまいたいという男性も少なくありません。
ちなみに何故ちんぽがはえるのかということですが、基本的にはファンタジー的ご都合主義で生えることが多いです。
もちろんそれだけではなく、しっかりとした薬品で生やされてしまうということもあり、この場合には後から消せるパターンと消せないパターンが存在しています。
どういうことなのかというと、ちんぽを嫌がる女の子は、どうしてもちんぽを消してほしいと頼むわけですが、もちろん簡単に消すわけがありません。
場合によってはもう2度と消すことはできず。それに絶望を覚えて堕ちていくというシチュもかなりの量あります。
ちなみにクリトリスが肥大化して男性器のようになったものを、どう定義付けるのかは微妙なところで、確かに見た目はチンポっぽいのですが、そういった機能はもっていないというのが迷いどころでしょう。

アイドルがAV女優に転身する可能性がある

アイドルなどが好きな人は、そのアイドルの情報をネットで探すことが多くなるはずです。その世の時に、アイドルになる前の映像が掲示板などにアップされていることがあるのです。

アイドルのほとんどは、オーディションに受けるときの写真をいくつも持っていて、それがネットで話題になることもあります。ただ、有名になる女の子は若い頃もとても綺麗であり、アイドルになれる可能性が有る事は昔の画像を見てもすぐに分かるのです。

ただ、アイドルとしてデビューした女の子がたくさんいますが、注目されずにしばらくして業界からいなくなった女の子も非常に多いのです。

そんな女の子の中には、アダルトビデオなどに出演している女の子がいたりします。特に、以前にアイドルだった子が脱いだというニュースは、話題になりやすくすぐに拡散されていきます。

話題になった女の子のエロ画像が掲載されている掲示板には、かなりの人が訪れるのです。その傾向が分かっているので、現在のアイドルの映像と昔の映像などを多く集めている人は多いのです。

そして、アイドルグループの中でいつの間にかいなくなった女の子の現在の状況を追いかけるのです。普通にOLなどの仕事をしてる女の子もいれば、まだまだ芸能界で仕事をさらしている女の子もいます。

AV女優に転身してる女の子がいるので、そのような女の子のエロ画像をいくつも集めていけば、注目されるサイトになる可能性が有ります。ただ、エロ画像に関してはネットで一度公開してしまうと、そのコピーが世界中に広がってしまうので、画像の価値がほとんどなくなってしまいます。

なので、もったいないのでとても良いエロ画像があっても公開しないという考え方もあるのです。ですが、それだと宝の餅腐れの状態になり自分だけが満足する事になるのです。

良い画像は多くの人で共有していけば、ネットの話題のニュースにもなるし、存在価値があるというものです。なので、多くの画像を収集し必要になったときにネットに公開するという考え方は有効なのです。

オナニーと青春の深い関係について

オナニーといえば青春でしょう。少なくとも、男子中学生や男子高校生にとっては、そうだと思います。女子高生とかについてはよく分かりません。彼女らが純潔であるというような時代はすでに終わっていることだけはたしかです。九十年代は援助交際とかが出て来ましたが、そういうことをしておきながらオナニーはしていないというのは、ちょっとあり得ないと言えましょう。
このように男の青春とオナニーは切っても切り離せない関係にあると言えましょう。そこでどのような雑誌を使っていたのかというのが、しかし、その先の人生を決めていくことがあり得ます。つまり、二次元で自慰を行っていたか、三次元で自慰を行っていたかの違いです。
三次元で行っている人はとても正常ではないでしょうか。プレイボーイなどを見ながら、それに載っている白人女性の吹き出しを妄想しながら、そのような行為を行っておりますと、白人に対する妄想は募ってくるかもしれませんが、三次元の女性といつか性行為を行いたいという思いが募ってきて、そのような思いはやがて、男女交際へと結びついてゆくでしょう。男女交際を行っているときも、自慰は絶えることはないでしょうが、しかし、性行為というもっと意味のある行為もそのうちできるようになるでしょう。
しかし、二次元で自慰を行っている男性というのは、ちょっとまずいのではないでしょうか。二次元の女性など、この世の中にはいませんので、いつまでたっても男女交際に結びつきませんし、男女交際を行わなければ、性行為も行うことができません。こうなってしまいますと、ちょっと暗い人生ということになってしまうかもしれません。
もっとも、最近のオタクはけっこう彼女がいるらしいです。また、オタクというのも稀少化しているのではないでしょうか。最近のマンガやらアニメなど全く見るに値しないというのが正直なところです。皆さんが健全な青春を送ってくださることを期待します。くんにが好きだからってくんに動画RABO(くんにどうがらぼ)のようなエロ動画サイトばかり見てたらあっという間に青春が終わりますよ!!!それくらい青春は短いのです。

好感のあるアダルト映像を探していく

アダルト関連のサイトをチェックするようになってくると、より質の高い映像を探すようになってきます。その時に思うのは、有名なアダルトビデオを配信しているサイトが見つかれば楽なのですが、そのようなサイトがいくつもあるわけではないので探す事になります。

好きなAV女優がいるのであれば、そのAV女優の名前で検索していけばある程度の映像を見つけることが出来ます。そのほとんどが、新作のブルーレイのプロモーションの映像である事が多いのです。

サンプルとしてある程度のカットを無料で配信してるので、その映像はネットですぐに見つかります。最新のアダルトビデオを追い求める理由として、映像の繊細さが全然違うのです。

数年前のアダルトビデオも普通に売られていますが、その映像と比べてブルーレイ画質になると女の子の素肌の綺麗さがよく分かるのです。光の当たり具合によっては産毛まで綺麗に見えるので、女の子がより可愛く見えるのです。高校卒業したてえのほぼ子供 エロ動画がすぐに見れます。

そのような高品質なアダルトビデオを見るようになってくると、段々と古い映像の質が悪い感じが分かってくるのです。そうなると、映像作品として見ることはあるのですが、アダルトビデオの本来の醍醐味という興奮度を高める為の映像ではなくなってしまいます。

しかし、画質の低いエロ動画であっても、常にネットでは需要があるので、今後もいろいろなサイトで同様な動画を見ることになると思います。

初めて見る場合は興奮出来る動画かもしれないですが、似たようなシリーズの映像をいくつもチェックしていると、同程度の画質の映像をいくつも見ることになるので、似たり寄ったりで興奮度も高まらない映像がいくつも増えるような状況になるのです。

これが、最新の高精細の動画になれば、同じシチュエーションの作品がいくつも続いても、出演している女の子が変わるだけで見所が結構あるのです。やはり、表情から肌の質感までとても細かく表現できる事がとてもすばらしいと思えるのです。

フェラチオが好きなのにそれを言い出せない私

女子高生です。大学生の彼氏と付き合ってもう半年になります。優しい彼氏で私のことをすごく大事にしてくれるいい人で、付き合ってみて本当に良かったっていつも思っています。
エッチの方もデートなんかで会えば必ずするっていうのがパターンで、私をまずイカせてくれる彼のことが本当に大好きなんです。
でも、少し不満…というか、物足りない部分もあります。それはフェラチオです。私、フェラがすごく好きなんです。男の人のアソコをお口に咥えるって想像しただけで、もうアソコがジュワって濡れて来ちゃうぐらいに好きなんです。なのに、今の彼氏のジュニアをフェラチオしたことはまだありません。
彼氏が奥手っていうのもあるんですけど、フェラは(女の子はそういうの嫌がるだろうから)しなくていいよっていつもエッチの時に言ってくれるんです。それは彼なりの優しさなんですけど、私の本音は全然違います。彼氏のアレをペロペロ舐めたり、しゃぶったり、裏筋を責めてみたりもしたいんです。
けれども、それを「したい!」って言っちゃうと、淫乱な女の子って思われちゃうかも知れないし、無いとは思うけど、もしかしたら「不潔な女」って思われて嫌われちゃうかも知れないって考えてしまうんです。
なので、いつもエッチしたあとはおうちに帰ってから、彼氏のアソコをフェラチオしてる妄想をしながら、一人でお部屋でオナニーしちゃいます。それはそれですごく気持ちいいんだけど、やっぱり本物が欲しくなっちゃう時がすごくあって、本当に悩ましいんです。
だから、次のデートでエッチする時は、思い切って私からエロいムードをいっぱい演出してみせて、彼氏のアレをいっぱいフェラしちゃおうって企んでいます。ゆっくり丁寧にフェラして彼をイカせてあげたいと思います。私のお口の中に、彼のエッチな精液をたっぷり出してもらいたいんです。そしてお掃除フェラで奇麗にしてあげたいです。あとフェラチオしたことないから、ごっくんに関してもまだ今の彼とは未経験なんですよね。なので、それも絶対に次のデートで果たしちゃおうって画策してます。

彼氏にせがまれていろんな場所でおしっこする私

私、たぶんすごいMだと思うんです。というのも、彼氏(けっこうなドS笑)に命令される…というか、せがまれちゃうとなんでも受け入れちゃうところがあって。
最近は彼氏のリクエストに従って、いろんなところでおしっこをすることが多くなりました。ほんとこんなこと告白するのは恥ずかしいんだけど…わんこみたいにお散歩中とかにやっちゃうんです。
一番恥ずかしい!と思ったのは、公園の草むらでおしっこした時でした。というのも、公園にはいっぱい子供たちがいて遊んでて、その保護者の方たちの声もして…でも、彼がここでやりなさいって言うから、パンツを下げてしゃがみ込んだんです。
ジュースとかお茶を飲んで、ずっと我慢してたのもあって、すごい量が出たんだけど、それが草むらからブランコの方へと小さな川みたいに流れていっちゃって、そこで遊んでた子供のお父さんに気付かれちゃった。
あわてて腰をあげてパンツをはいたんだけど、その動作も完璧に見られてて、その人、すごくにやにやしたえっちな顔で私のことを見てるの。視線が私のスカートのあたりでとまってて、ぜったい気づかれたと思う。
もうお外でのおしっこはいやだようって彼氏にしがみつきながら言ってみたんだけど、彼氏もまた案の定っていうか、にやにやとえっちな顔してて。ダーメ!って言われちゃった。
その日は彼氏のお部屋にそのあと行って、私、夜ごはんを作ってたんだ。そしたら、ちょっとトイレに行きたくなっちゃって。いったん火を止めてからキッチンから離れて、トイレのドアノブを回そうとしたら彼氏がそれを静止したんです。
そのまま、また外に連れていかれて、今度はエアコンの室外機の横の影でこっそりおしっこしなさいって言われました。目の前には通りがあって、いっぱい人が歩いてるし、恥ずかしいからヤダって言っても、あっちからは死角になってるから大丈夫って言われて…私、そこでもやっちゃったんです。
やっぱ死角になってるって言っても恥ずかしいよう。でも、大好きな彼のお願いだから断れない。。笑

放尿系の作品が増えている背景について

近年では変態的な趣味のアダルト作品が増えています。こういった作品は自由に購入できるのでユーザーの要望に応えているのです。メーカーもユーザーが楽しめるエッチな内容を求めています。今は特に実現不可能な内容の方が面白いと思われています。
放尿というジャンルは日本でも人気を高めているものです。このジャンルはマニア向けなので一般的な認識はないです。しかし、こういった作品が好きだという男性が多くなっているのは事実です。これはマニアックな趣味の男性がどんどん色々なものを追求しているのにも関係しています。
あまり聞かないジャンルなので動画も内容が気になると思います。放尿をするアダルト動画などはまさにそのままの内容です。こういった作品ではトイレを撮影するような感じで展開していきます。その背徳感がユーザーにも大きな興奮を与えるという訳です。
その他にも外で撮影したような動画もあります。それは緊張感のある内容なのでマニアには最高です。意外なシチュエーションこそユーザーは興奮すると思います。実際に女性にそういうことを頼んでも無駄なのでアダルト動画で満足するのです。
しかし、中には放尿をすることに興奮を感じるような女性もいます。これは人間が開放的になることで気持ち良くなることに関係しています。こういった欲求は原始的なものなので抗うことができないのです。関連のアダルト動画を見ているユーザーにも同じことが言えます。
日本の一部では女性のトイレ姿を映したような作品も多くなっています。これらは当然のように企画なのですが興奮できる確率は高いです。このジャンルは既に一部の男性が大きく支持しているのです。それは女の子の秘密を見れるという感覚にも興奮するためです。
結果的に日本では放尿系の動画や企画が多いのが特徴です。こういったジャンルは日本の新しいエロの部分を開拓していると思っています。そして、女性の秘密を暴くという意味ではこの行為は非常に魅力的なものです。

スカトロはダメでもおしっこは全然大丈夫です

おしっこってすごい魅力がありますよね。
これを最初に聖水って言ったのは誰なんだよ、と思い調べてみるとどうにも最初は聖水というよりは薬など医療の現場で使われていたようですね。
そこから発展し、今ではすっかり聖水扱いになってしまったようです。
しかし昔の事情がどうあれ、現代では男のものはまず聖水とは呼びませんよね、というより女性のものであっても2次元ではよく聞きますが3次元でそういった呼び方ってするのでしょうかね。
自分は3次元のそういった方面にまったく詳しくないのでわからないのですが・・・。
でもこれだけ聖水という言葉が定着すれば2次元用語であってもリアルで使われ始めるでしょう。
ネット用語がずっとしてからリアルで使われていくのと同じ理屈だと思います。
しかし2次元ではおしっこを直飲みするという描写がありますが、これって本当のやっている人いるんですかね。
たとえ昔医療現場で使われていたとはいえ衛生上とても気持ちいいものではないと思うのですよ。
まぁ、飲んでいる本人がいいなら病は気からって言葉もありますから、もしかしたら体にいい影響が出るかもしれませんがね。
おしっこって色もいろいろありますよね。
黄色かったり透明だったり、赤・・・はまずいですね。
あれって黄色いほうがエロいと思うですが、食べたものとか飲んだものによって変わるんですかね、よくわかりません。
ところでアソコを刺激していくと本当におしっこで出てしまうんですかね、よくある描写ですが、男の場合はアソコをいじるとむしろ出にくくなるじゃないですか、人間って不思議です。
そういえば我慢している女の子ってとてもエロいですよね。
もじもじしながらどうしたかと聞かれれば、トイレというのも恥ずかしく我慢している状態のことです。
そのまま我慢し続けてしまいには漏らしてしまい、膝立ちで放心状態になる、たまりませんね。
まぁ、そんなことになったらリアルでは大変ですけど、架空世界ではエロシーン突入ですよ。

多くの人が支持する女の子を確認する

可愛い女の子の映像を見るためには、ネットで話題になっているアダルトビデオ探すようになります。私は大まかにアダルトの映像をジャンル分けしていたのですが、最近は有名な女の子が誰であるのか知りたくなってきたのです。

AV女優は作品名が変われば呼ばれている名前も変わってしまうことがあるので、その女の子の過去の作品なのか分からない事があります。なので名前で女の子をジャンル分けしていくようになってくると、気になるのがAV女優ランキングです。

毎年、有名になった女の子のランキングが発表されるのですが、その内容によると1番かわいいAV女優が誰なのか分かってきます。それが自分の気にしている女の子ではない場合が多いのですが、一般的に人気が集まる女の子がどんな状況なのか見たくなってくるのです。

ナンバーワンの女の子の作品をある程度確認すると、その傾向が分かってきて自分の好みも少しずつ変わってくることがあります。しかし、自分がこれまでに最高だと思った女の子の映像をチェックしていくと、やはり独特の愛嬌があって綺麗な体は最高だと思うのです。

そして、自分が応援する女の子がAV女優ランキングの上位に位置して欲しいと考えるようになります。脚光をあびるようになってくると出演する作品も増えてくるはずなので、私のDVDのライブラリを増やしていく事ができるのです。

もう一つポイントになってくるのは、AV女優ランキングは色々な会社が集計してその結果を後悔しているのです。なので一般の人達から多くアンケートを集めて得た情報でない可能性があるので、そのランキングを鵜呑みにしないことだと思います。

そのように考えてくると、最も可愛い女の子は自分で決めるべきだと思います。他の人の意見はどうであれ、自分がこれまで見てきた女の子の中で1番かわいいと思った子の映像を集めることが楽しいし、何度もその子の映像を見て飽きてきたかと思った時にAV女優ランキングを確認するようにするのです。

彼女に念願だった足コキをしてもらっちゃいました。

私には今一人の彼女がいます。そんな彼女に先日念願でもありました、足コキをしてもらっちゃったので、ここに書きたいと思います。
私は昔からの、筋金入りの足フェチです。どのくらいの足フェチかといいますと、幼き頃、小学3年生頃でしょうか?おしゃぶりではなく、母親の足をしゃぶっていたくらいです。そんな足フェチの私ですから、このようになってしまうのも当然だったのかもしれません。いつからか足コキで射精してみたい感情というものがとても強くなっていきました。そんなある意味変態である私に彼女ができたのは去年のことでありました。大学生だった私はあるサークルに入っているのですが、そのサークルに新一年生としてその女の子が入ってきたわけです。容姿でまず興味を惹かれた私は、早速急接近して、女慣れしていないながらに頑張り、心を射止めたわけです。私は彼女ができたら絶対足コキしてもらおうと常々思っていたわけですが、その思想、考えが変態的であるということは自分でもよくわかっています。なのでいつ切り出すかずっと悩んでいたわけです。自分が女であるという仮定をして、新しくできた初めての彼氏に、「足コキしてよ!俺実はすっごい足フェチなんだ!」なんて言われたら、まずドン引きすると思います。もしかしたらそのまま愛が冷めてしまうかもしれない…。そう考えたらとてもじゃありませんが、素直にお願いすることができませんでした。今考えたら、惚れてくれているので、そんな遠慮全くする必要がなかったわけですが、昔はなんせ初めて出来た彼女だったので、腫れ物に触るように扱っていたわけです。
で、先日お願いして、初めて足コキというものを初体験したわけですが…素晴らしかったです。あの絶妙な足の筋肉感、柔らかくもなければ固くもない、程よいコリコリ感が癖になってしまいます。また、彼女が慣れない足をせっせと動かして奉仕してくれているあの感じ、アングルも素晴らしかったです。また次もさせようと思います!

サブコンテンツ

このページの先頭へ